母の逝去から3ヶ月

母が逝去してからあっという間に3ヶ月の月日が流れ、年も改まり、母のいない日常が当たり前になりました。

最近、ふと母にことを思い出すと、改めて「優しい母」だったと感じます。

自分で自分自身のことが好きになれず、生活も不安定な状況の中、世の中をうまく渡っていくことができない自分のおかれている苦しい状況を、母の育て方の所為にしていた自分がいました。そして、その苛立ちを年老いた母にぶつけていた自分が何とも情けなく、惨めに思えてなりません。

認知症の進行があったにもかかわらず、母の行動に何度も声を荒げた自分のことを今振り返って恥ずかしく思います。

もっと違う接し方ができたはずです。もっと幸せな思いをして最期のときを迎えさせてあげられた筈です。

後悔しても今からではどうしようもありません。

申し訳なかったと心の中で思うだけです。

ここから先に向けては、少しでも家族を不幸にしないように、生きていくしかありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です